欠陥住宅京都ネットとは? | 欠陥住宅京都ネット

トップページ > 欠陥住宅京都ネットとは?

欠陥住宅京都ネットとは?

欠陥住宅全国ネットについて

欠陥住宅被害全国連絡協議会(欠陥住宅全国ネット)とは、欠陥住宅被害の救済と予防をめざす弁護士・建築士・研究者・市民の有志による全国ネットワークのことです。全国ネットはこちらから

欠陥住宅京都ネットについて

欠陥住宅被害の救済と予防をめざす、京都と滋賀の弁護士、建築士、研究者、市民の有志によるネットワークです。欠陥住宅被害の相談や研究会を積極的に行っています。京都ネットは、欠陥住宅全国ネットに加盟しています。欠陥住宅京都ネットのこれまでの歩みについてはこちら

設立趣意書

1995年1月の阪神淡路大震災を契機として「建物の安全性」に重大な疑問が投げ掛けられて以来、欠陥住宅の問題が全国的にクローズアップされてきました。世上、建築基準法を遵守した建物が2割にも満たないと言われながら、現状は放置されたままです。京都弁護士会など各地の弁護士会が「欠陥住宅110番」を実施したところ、多くの相談が寄せられ、欠陥住宅の問題が深刻かつ大きな社会問題となっていることは明らかです。

ところが、このような欠陥住宅の問題は、これまで一部の弁護士や建築士、ボランティア団体などがいわば「町医者」的に各地で地道な活動をしてきたにとどまります。そこでこれらの取組をもっと大きな輪に広げ、社会全体の中で議論・研究し、欠陥住宅被害の撲滅を目指すとともに、良い住まいを求める市民の権利を守るための制度の確立が急務になっています。

このような見地から、96年12月に「欠陥住宅被害全国連絡協議会」が設立されましたが、その後、翌97年10月大阪における「欠陥住宅関西ネット」の結成を筆頭に、各地で同趣旨の団体が次々と結成され、活発な運動とネットワーク化が進められています。

京都においても、欠陥住宅問題に取り組むべく、建築家・学者・弁護士その他市民等が協力して、1998年4月25日「欠陥住宅京都ネット(別称:欠陥住宅被害京都連絡協議会)」を設立し、研究会・相談等の活動を行っています。

そして、「欠陥住宅被害全国連絡協議会」及び「欠陥住宅関西ネット」に団体会員として加入し、活動のネットワーク化も図っています。 ※注

※注 現在は欠陥住宅被害全国連絡協議会の地域ネットとして活動しています。

主に京都市周辺で欠陥住宅問題に関心をお待ちの建築家、学者、弁護士、一般市民、欠陥住宅被害者等で、当会の趣旨に賛同される方には、是非とも「欠陥住宅京都ネット」にご参加いただきたく、呼び掛ける次第です。

入会の御案内

入会を希望される方は下記の事務局までお問い合わせ下さい。入会のご案内を致します。

京都・滋賀以外に居住の方は、このページをご参照の上、各地ネットへお問合せください。

代表

代表 弁護士 木内 哲郎
事務局長 弁護士 上田 敦
事務局 所在地 〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85番地1
烏丸ビル5階   上田・小川法律事務所
電話 075-221-2755
FAX 075-221-2756

欠陥住宅京都ネット

事務局連絡先
〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85番地1烏丸ビル5階
上田・小川法律事務所
事務局長 弁護士 上田 敦
TEL:075-221-2755
FAX:075-221-2756

イベント・欠陥住宅のご相談などお問い合わせはお気軽に!

このページの先頭へ