トップページ > 欠陥住宅とは? > 建具の不具合

建具の不具合

  • ①建具そのものが乾燥により変形した場合
  • ②建具を取り付けている四周,すなわち敷居,鴨居,柱などが乾燥不充分とか取付不良等の原因で変形している場合
  • ③開き扉の場合にのみいえることですが,取付金物のビスが緩んできた場合
  • ④建物自体の不同沈下や,柱・梁などの骨組みの取り付け方が悪くて建物が傾いてきた場合(構造欠陥)

上記四つの原因が考えられ、④の場合は,単なる建具の補修では直らず,また建物の安全性に関しますので抜本的補修をする必要があります。詳しい原因については専門家に調査を依頼すべきです。

欠陥住宅の相談をおこなっています。ご希望の方はお問い合わせください。

欠陥住宅とは

欠陥住宅京都ネット

事務局連絡先
〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85番地1烏丸ビル5階
上田・小川法律事務所
事務局長 弁護士 上田 敦
TEL:075-221-2755
FAX:075-221-2756

イベント・欠陥住宅のご相談などお問い合わせはお気軽に!

このページの先頭へ