相談手続き | 欠陥住宅京都ネット

トップページ > 相談手続き

相談手続き

欠陥住宅京都ネットに相談・調査を申し込まれる方は、下記の説明をよくお読み頂き、これをご了承頂いた上でお申し込み下さい。

Ⅰ 相談の申込方法

建築士の現場調査または弁護士の相談を希望される方は、ダウンロードしていただき(PDF形式です ここをクリック )、「相談カード」に所定事項をご記入のうえ、 郵送かFAXで欠陥住宅京都ネット事務局(右に記載)宛にお送り下さい。

「相談カード」の記入は、わかる範囲で結構ですが、氏名・住所・電話番号は必ずご記入のうえ、別紙で現場付近地図を必ず添付して下さい。

「相談カード」記載内容や相談内容でプライバシーに関する事項は秘密を厳守致しますが、相談記録は統計・研究等の目的で使用させて頂くことがありますので予めご了承下さい。

※相談の申込は無料です。申込後、実際の調査、相談にあたっては費用が発生します。

Ⅱ 申込後の流れ

1 建築士・弁護士のご紹介

ご送付された「相談カード」が届くと、京都ネット事務局は、京都ネット会員の中から適切と思われる建築士又は弁護士をご紹介いたしますので、以後のご相談等は、相談者とその建築士又は弁護士との間で行って頂くことになります。

ご紹介結果は、その建築士又は弁護士から相談者へ直接にご連絡させて頂きますので、具体的な現場調査又は相談の日時等を打ち合わせて下さい。 通常、ご紹介する建築士・弁護士が決まるまでに約1週間程度かかりますが、もし連絡がない場合には事務局までお問い合わせ下さい。

2 建築士による現場調査(予備調査・簡易調査)

ほとんどのケースで、被害の実態を確認するために、まず建築士による現場調査が必要となります。

これは目視や簡易測定等による簡易な調査で、1回2時間程度を想定しています。

調査結果は、簡単な「現場調査報告書」(A4サイズ数枚程度)によりご報告致します。

以上の簡易調査の結果、欠陥のある可能性が生じ、更に欠陥の原因、補修する場合の方法や費用等について詳細な調査が必要になった場合 本格調査を行うことになります。

これについては、弁護士・建築士と相談のうえ進めていくことになります。

3 弁護士への法律相談

調査の結果、欠陥被害等が判明し、交渉ないし法的手続が必要と考えられる場合には、京都ネットの弁護士に対応を依頼できます。

弁護士に相談した結果、交渉や法的手続を依頼なさりたい場合には、その弁護士と直接協議して下さい。

弁護士がご依頼を受諾したときは、その弁護士と委任契約書を作成し、以後は委任契約に基づき交渉ないし法的手続を進めてもらって下さい。

Ⅲ 費用について

1 建築士の現場調査の費用

1回当たり2万5000円(税込)です。

調査(相談を含む)が2時間を超える場合には、30分までごとに5000円(税込)が加算されます。

なお、現場が遠方(往復の所要時間がおおよそ1時間以上)の場合、交通費・日当として、別途1万円(税込)をご負担頂きます(但し、京都・滋賀地域。他地域は協議によります)。

2 弁護士の法律相談の費用

30分当たり5650円(税込)です。 また、弁護士の判断等により調査担当建築士にも同席を求める場合、上記弁護士相談料とは別途に、建築士に対する費用としても30分当たり5650円(税込)が発生します。

ご注意

以上の相談・調査のご依頼や委任契約については、あくまでも相談者・依頼者と紹介した建築士・弁護士との間において任意に契約された委任関係ですので、「欠陥住宅京都ネット」が直接にご依頼・ご相談を受けるものではありません。

他府県の方は、お近くのネットにお問合せください。相談費用等、各ネットによって違います。

欠陥住宅の相談をおこなっています。ご希望の方はお問い合わせください。

欠陥住宅京都ネット

事務局連絡先
〒604-8166
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85番地1烏丸ビル5階
上田・小川法律事務所
事務局長 弁護士 上田 敦
TEL:075-221-2755
FAX:075-221-2756

イベント・欠陥住宅のご相談などお問い合わせはお気軽に!

このページの先頭へ