本文へ


◆その他  ○次回開催地からの決意表明 川上賢正(福井・弁護士)

トップ > 欠陥住宅に関する情報 > ふぉあ・すまいる > ◆その他  ○次回開催地からの決意表明 川上賢正(福井・弁護士)

次回開催地からの決意表明
川上賢正(福井・弁護士)

福井の弁護士の川上賢正(ケンセイ)と申します。同期の岩城弁護士から頼まれ、なんとか金沢大会を成功させようと北陸三会の弁護士・建築士らとの共同で準備しています(現実には、準備らしきものがまだできておらず、かなり焦っています)。
この話は、今年の5月でした。「欠陥住宅全国ネットがあるが、北陸だけが空白ということで、北陸ネットを立ち上げてほしい」というものでした。
高地大会で、みなさんの熱いおもいに触れて、私も欠陥住宅裁判で勝てる弁護士になりたいと強く思うようになりました。
いま私は、建築瑕疵事件を2件担当しております。たまたま消費者側にたっているものですが、代理人等が代わったこともあって、5年以上経過している長期未済事件で、ひとりでは対応しえないこともあって、期日を迎えるたびに、不安で、頭を抱えています。 消費者側に立つ場合、専門家の協力がなかなかえられず、苦労していました。ことに建物の構造上の瑕疵にわたる主張、立証になるとは、専門家の協力は必須ですが、実際に戦力になる協力者を得ることはなかなか困難であります。
こういったこともあって、岩城弁護士の話に一も二もなく同意したわけであります。いま若干後悔もしておりますが、しかしなんとか北陸ネットを立ち上げた いと思っています。それで唯一の空白地帯をなくしたいという全国ネットの希望(事務局長の野望?)をかなえ、私も実際に闘える実力を身に付けたいとおもっ ております。
よろしくお願いいたします。
ふぉあ・すまいる
ふぉあ・すまいる新着
新着情報
2022.11.18
第52回東京大会のご案内(2022.11.18)
2022.07.05
【2022(令和4)年7月16日(土)】「欠陥マンション・欠陥住宅110番」開催のご案内
2022.05.12
第51回福岡大会のご案内(2022.05.12)
2021.12.09
区分所有建物の瑕疵の法的責任について法制度の見直しを求めるアピール2021年10月16日
2021.10.05
第50回大阪大会開催のご案内(2021/10/16)